訪問リハビリテーション立ち上げ業務支援コンサルティング

訪問リハビリは、訪問看護ステーションから行く訪問リハビリとは全く異なるものです。

訪問看護はあくまでも訪問看護であり、介護保険算定上でも看護業務の一環としてリハビリを行っているサービスになります。一方で、訪問リハビリは医療機関(老人保健施設含む)からしか基本的に認められていないサービスとなります。

中規模以上の病院であれば、だいたい理学療法士や作業療法士が在籍していますので、そこのセラピストが訪問リハビリ部門を構築することが可能ですが、小さなクリニックや訪問診療専門のクリニックでは経営者や医師はノウハウがないため訪問リハビリ部門を構築することが基本的にできません。

そのような施設様向けのコンサルティングとなります。

コロナ禍において、在宅医療のニーズが急拡大しております。それに伴い、訪問リハビリの依頼も増えています。訪問医療は診療に加えてリハビリがより成長産業になるのは間違いありません。

【関連記事】医療機関とセットでやる『みなし訪問リハビリテーション』は、今後より成長産業になる

しっかりと結果を出すために、弊社では伴走型のコンサルティングを行っています。ご安心してご依頼ください。事前に、オンラインにて面談等もご希望に応じて対応させていただきます。

コンサルティング内容

  • 行政への加算手続き
  • 営業資料の作成及び営業活動支援
  • 訪問リハビリに必要な資料の作成と業務効率化支援
  • 安定した売上げの構築(稼働率に着目した運営)
  • 採用支援、スタッフ教育支援
  • 必要に応じて、ホームページの制作及びSEOコンサルティング、保守管理
  • その他

コンサルティング費用

関わり方、関わる期間によって柔軟に対応させていただきます。

目安:3万~(月額)

お問合せ

担当者名 (必須)

会社名/部署名/役職名 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容(必須)※複数選択可
訪問リハビリコンサルティング通所介護向けコンサルティング施設アドバイザー一次予防事業プロデュースヘルスケア商品開発アドバイザーヘルスケア関連代理店事業医療福祉施設専門ホームページ制作その他

ご連絡先電話番号

具体的なお問合せ内容

 

介護施設・障害者施設リハビリアドバイザー(顧問)

介護施設や障害者施設において、理学療法士や作業療法士などのリハビリテーション専門職が在籍していないというのは珍しくありません。

よくあるお悩みに、

・リハビリをどのようにやってあげたらいいのか分からない
・専門家でないために怖くてできない
・体操内容などが代わり映えしない
・リハビリの専門家を雇用したいが、人件費的に厳しい
・常勤でなくても、必要に応じて専門家に相談できる環境があると嬉しい

このような課題を聞きます。

弊社では、このような課題を解決致します。

アドバイス内容

  • オンラインのみでの相談対応(弊社独自によるテレケアサポート)
    コロナ禍の影響もあるため、直接訪問はせずにオンラインを最大限活用したサービス(テレケアサポート)となります。ZoomやSlackといったビデオ通話やチャットを活用して行います。

    やり方が分からないという場合でも、弊社の方で全て初期対応致しますのでご安心していただければと思います。直接訪問しないため、安価で対応することが可能です。

    内容としては、月に1回~2回程度ビデオ通話にてリハビリに関連する内容のアドバイスを行います。また、チャットにおいてはいつでも無制限で相談していただいて構いません。

  • 運動コンテンツの制作及びアドバイス
    施設内で行う体操など、効果的な内容を制作致します。また、飽きがこないように、定期的にコンテンツを追加していきます。
  • 現場での相談対応
    直接現場に行き、福祉用具の選定やフィッティング、リハビリ内容、その他関連するお悩みに対して直接アドバイス致します。
  • その他

    リハビリ、介護に関連する内容については柔軟に対応致します。お気軽にお問合せください。

アドバイザー費用

関わり方、関わる期間によって柔軟に対応させていただきます。

目安:3万~(月額)

お問合せ

担当者名 (必須)

会社名/部署名/役職名 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容(必須)※複数選択可
訪問リハビリコンサルティング通所介護向けコンサルティング施設アドバイザー一次予防事業プロデュースヘルスケア商品開発アドバイザーヘルスケア関連代理店事業医療福祉施設専門ホームページ制作その他

ご連絡先電話番号

具体的なお問合せ内容